バガン情報

バガンの基本情報

温泉イメージ  
     ダマヤンジ-寺院              ポッパ・マウンテン・リゾ-ト

バガンの基本情報

マンダレ-管区

バガンの基礎知識 Infomations 

ミャンマ-観光のハイライトが2500を超す仏教建築物が建ち並ぶ仏教の聖地バガン。カンボジアのアンコ-ルワットやインドネシアのボロブドゥ-ル遺跡と並んで、世界三大仏教遺跡群とされる。そのほとんどが11世紀から13世紀の間の約200年間に造られたもの。エ-ヤワディ-川中流域の平原(バガン周辺)には古くからの先住民ピュ-族が暮らしていたが、北方から来たビルマ族がこの地に定住し支配するようになりピュ-族の影響は徐々に消滅していった。
1044年にアノ-ヤタ-王が即位しモン族のタトォン国を征服。最初の統一王国バガン王朝を築いた。その後は上座部仏教が主流であったタトォン国の文化を取り入れて栄えていく。歴代の王達はその力を示すかのように多くの仏教建築物を次々に築き仏教の聖地となった。1287年、元(フビライ・ハ-ン率いるモンゴル)の侵入によりバガン王朝は終焉する。

バガンはミャンマ-人にとっても特別な場所。休日にはミャンマ-各地から人々が集まる。

ミャンマ-史上の偉大な王たち アノ-ヤタ-王(在位1044~1077年

アノ-ヤタ-王はビルマ族による最初の統一王朝バガン朝の創始者。ビルマ族の中で頭角を現し王位に就くとエ-ヤワディ-川周辺の領土だけでなく、南部ビルマのモン族のタトォン国などに兵を送り、像の戦車隊を駆使するなどの戦術で支配を拡大、タトォン国を征服してマヌ-ハ王以下、僧侶や学者、職人などを捕虜としてバガンに連行、モン文化と上座部仏教を基にミャンマ-(ビルマ)文化を築き上げた。

エ-ヤワディ-川中流域の先住民族 ピュ-族について

ピュ-族は3世紀の中国の文献に「驃(ひょう)」と紹介されている。チベット語系の民族とされ独自の言葉と文字を持っていた。古くから南部に定住していたモン族と住み分けるように中流域のバガンやピィ- Pyay などの地に集落都市を築いていた。6~7世紀頃にはモン族の上座部仏教とは別の大乗仏教が伝わっていたとされる。ピュ-族の遺跡の特徴は円形や楕円形の城郭の中に集落を築いており、使われたレンガの表面に指でなぞった直線や曲線の跡が残っていること。8世紀頃北方より南下してきたビルマ族に飲み込まれるように消滅していった民族。

バガンの気候 Weather

バガン時代のモン語の文献によるとこの地域は「ひからびた土地」と呼ばれていた。乾燥した半砂漠地帯で降水量はミャンマ-で最も少ない。乾季の朝晩の気温は低くなり上着が必要となる。日中になるとグンと気温が上昇する。馬車などは一番暑い時間帯(午後1時~4時頃)には馬を休ませる。3月、4月の暑さは特に厳しく40度を超す日もざらにある。バガン観光の際は無理せずに十分な休憩と水分補給を怠らないように注意したい。


バガンの特産品
 Handhicrafts

手作りの漆器は有名。予算に応じて品物を選べるのでお土産に最適。エ-ヤワディ-川の砂で描く「砂絵」は色々な場所で買える。バガンには、現在、300人以上の砂絵ア-ティストがいるらしい。


イベント
 Events

ア-ナンダ祭り 

1月の満月の日に行われるア-ナンダ寺院のお祭りは有名。祭りは20日間以上も開催される。普段は山岳地帯で暮らす少数民族の人たちも、この時期にはバガンに集まってくる。寺院周辺は露店が立ち並ぶ。

バガンへ行く

ヤンゴンから

飛行機 

エアマンダレ-、エアバガン、ヤンゴン航空、エアカンボウザなどが運航。ヤンゴンを早朝出発。所要60分。空港からオ-ルドバガンまでタクシ-で約20分。

鉄道  

ヤンゴン発16:00 バガン着翌08:00 所要16時間。バガン駅から
オ-ルドバガンまでタクシ-で約30分。

バス 

ヤンゴン北部のアウンミンガラ-・バスセンタ-から夜行バスが数社運行。
所要10~11時間。ニャンウ-・バスタ-ミナル着。


マンダレ-から

飛行機 

マンダレ-空港を早朝出発便と夕方出発便がある。所要30分

鉄道  

マンダレ-発21:00 バガン着翌04:50 所要約8時間

バス  

マンダレ-南部の長距離バスタ-ミナルから、08:00、08:30発。
所要5~7時間。未舗装の道路をかなりのスピ-ドで走るので揺れる。

(フェリ-)   

マンダレ- マリカ埠頭、または、ゴ-ウェイン埠頭から早朝出発。
所要9~11時間。バガンのニャンウ-埠頭に到着する。

*バガンに到着したら、各チェックポイントで入域料を支払う。
2015年11月より、バガンの入域料がチャット(Kyat)払いになります。
従来の20USDから 25,000チャット(Kyat)に変更されますので
ご注意下さい。

バガンへの船旅「シュウェ・ケインナリ-号」Shwe Keinnery

 マンダレ-からバガンまでは飛行機を利用するとわずか30分足らず。マンダレ-のゴ-ウェイン埠頭を早朝7時に出発するシュウェ・ケインナリ-号は10時間の船旅。バガンまでは朝食付きで45USD(2014年4月現在)。出発の30分前までに乗船手続きを済ませ船に乗り込む。座席指定はあるものの、ほとんどの乗客はデッキで過ごす。定刻に出航してしばらくするとザガインの街を通過。丘の上に点在する白い仏塔群やインワ鉄橋のすばらしい景色が目に入ってくる。10時間もの長旅だが次々に変化する自然や農村地帯の景色を見ていると飽きることはない。トイレはもちろんのこと、食堂もあるので安心して乗っていられる。日没前にはバガンへ到着

バガンの交通   

タクシ- 

空港、ホテルで手配出来る。

馬車   

街中に馬車の待機所がある。ホテルで手配できる。

自転車 

ホテルで手配できる。(貸出し場所を教えてくれる。)電動自転車、
モ-タ-バイクが便利。


バガンの役立ち情報

館内施設イメージ
 バガンの夕日 シュエサンド・パヤ-より        バガンの平原


1.バガンのホテル

バガンは、ミャンマ-で一番の人気観光地。高級ホテルからゲストハウスまで宿の数は多い。高級ホテルはオ-ルドバガン周辺に集まっている。中級ホテルならニュ-バガンゲストハウスならニャンウ-に多い。最近ではニャンウ-空港周辺やニュ-バガンにも高級ホテルがオ-プン。今後も新規ホテルが続々とオ-プンの予定。バガンでは観光客が集中する11月から2月のシ-ズンはホテルの予約が取りにくくなる。逆にオフシ-ズンは宿泊料金が安くなる。バガンでは、午後1時から4時までの特に暑い時間は観光にむかないのでホテルでのんびり過ごしたい。プ-ルやスパなどの充実した高級ホテルがおすすめ。

(オ-ルドバガン周辺)

バガン・ティリピセヤ・サンクチュアリ-・リゾ-ト
Bagan Thiripyitsaya Sanctuary Resort

エ-ヤワディ-川を望む広々とした庭のある敷地はバガンでも一番の好立地。客室はコテ-ジタイプでガ-デンビュ-とリバ-ビュ-の2タイプ。テレビはNHKの英語放送が映る。客室にはミニバ-もある。レセプション周辺ではWi-Fiが無料で利用できる。レストランの朝食はブッフェ・スタイル。ランチおよびディナ-はウェスタンかアジアンの2種類のセットメニュ-がおすすめ。日本人スタッフが常駐する。 
Archaeological Zone,Old Bagan
電話 061-60048 www.thripyitsaya-resort.com


ザ・ホテル@タラバ-・ゲ-ト 
The Hotel@Tharabar Gate

タラバ-門のすぐ近くにあるリゾ-トホテル。徒歩圏内に見どころが点在する。レストランにも歩いて行ける好立地。客室はデラックスとスイ-トの2タイプがある。リゾ-ト感溢れるレストランもおすすめ。プル-サイドでの食事は開放感抜群。Near Tharabar Gate,Old Bagan
電話 061-60037 www.tharabargate.com


エ-ヤ-・リバ-ビュ-・ホテル
Aye Yar River View Hotel

エヤワ-ディ-川のほとりに建つホテル。オ-ルド・バガンまで歩いてすぐの好立地。客室はデラックス、ガ-デンデラックス、プレミア、エ-ヤ-スイ-トの4タイプ。サンセット・バ-から見るエ-ヤワディ-川の夕日はこのホテルならではの景色。オ-プンエア-のレストランも気持ちよい。
Near Bu Pagoda,Old Bagan
電話 061-60352 www.ayeyarriverviewresort.com

バガン・タンデ・ホテル Bagan Thande Hotel

オ-ルド・バガンの城壁内に建つホテル。エヤワディ-川を望む好立地。
Achaeological Zone,Old Bagan
電話 061-60025、60031

(空港周辺)

オ-レス・パレス・ホテル Aureum Palace Hotel

バガン・ビュ-イング・タワ- Bagan Viewing Towerのすぐ側にあるリゾ-トホテル。オ-ルドの中心部から離れていて周辺にはレストランや店はないがホテルの施設が充実しているため特に気にならない。ヴィラ・タイプの客室が中心。プ-ルやレストランからのパゴダの眺めが素晴らしい。
Near Bagan Viewing Tower,
Min Nanthu Villge
電話 061-60046 www.aureumpalacehotel.com/bagan.html

アメ-ジング・バガン・リゾ-ト・ホテル
Amazing Bagan Resort

客室はデラックスタイプとコテ-ジが中心。ニャンウ-空港に近いのでフライトが早朝の場合便利。中心部から離れているので食事はホテル内で食べることになる。バガン・ニャンウ-・ゴルフ・クラブ Bagan Nyaung-U GolfClub(18ホ-ル)を併設。バガンでゴルフのプレ-を考えている方に最適。Near Bagan Nyaung-U Golf Club,Bagan
電話 061-60053  http://www.bagangolfresort.net/

(ニュ-・バガン)

ミャンマ-・トレジャ-・リゾ-ト・バガン
Myanmar Treasure Resort Bagan

ニュ-バガンに建つリゾ-トホテル。ニュ-バガンにあり、レストランやス-パ-などが徒歩圏内にあって便利。客室はシンプルながら快適に過ごせる。プ-ルサイドのレストランでは夕食時にはマリオネットや伝統舞踊などのショ-を楽しむことが出来る。
Khayay Rd.Anawrahta Quater,Bagan
電話 061-65445 www.myanmartreasureresorts.com/


バガン・ロッジ Bagan Lodge

ニュ-バガンに2013年に開業した新しいホテル。フランス系のホテルで、特にヨ-ロッパからの観光客に人気が高い。
電話 061-65456 http://bagan-lodge.com/

2.バガンのレストラン

安心して食べられる外国人向けのレストランはオ-ルドバガン、ニュ-バガンにある。ホテルのレストランを含めてエ-ヤワディ-川沿いのレストランがおすすめ。

(オ-ルドバガン周辺)

サラバ-Ⅱ(ミャンマ-、中華、タイ料理) 
SarabhaⅡ(Myanmar,Chinese,Thai)

タラバ-門のすぐ側にあるレストラン。料理の種類が多くいろいろ選択できる。トイレも清潔。隣にややカジュアルな サラバ- Sarabha がある。
Near the Tharabha Gate,Old Bagan
電話 061-60055


トレジャ-・カフェ&レストラン(洋食、ミャンマ-、中華料理)
Treasure Cafe & Restauant
(Western、Myanmar,Chinese)

タラバ-門からメイン・ロ-ドをニャンウ-方面に進んだ左手にあるカフェ。


(ニュ-バガン周辺)

サンセット・ガ-デン(ミャンマ-、中華料理)
Sunset Garden(Myanmar,Chinese)

エ-ヤワディ-川に面した立地抜群のレストラン。
Yamonar ( River View), Thiripissayar Quarter, New Bagan
電話 061-65037


グリ-ン・エレファント(ミャンマ-料理、中華料理、タイ料理)
Green Elephant Restaurant
(Burmese、Chinese、Thai)

ヤンゴンやマンダレ-にも店舗がある人気店。料理の種類も多いので安心できる。Yamonar,Thiripissayar Quarter, New Bagan
電話 061-65182

(ニャンウ-周辺)

ビ-・ビ-・ビ-(西洋料理)
BBB(European)
マンダレ-にも店舗がある人気店。西洋料理の種類も多いので安心できる。
バガン・ニャンウ-・メインロ-ド沿い。
Wet-Gyi-Inn Village, Bagan
電話 061-60040

ナンダ・レストラン(中華料理)
Nanda Resyaurant(Chinese)


                チビッ子楽団員が活躍

毎晩ミャンマ-の操り人形のショ-を実施。食事をしながらショ-が楽しめる。
MainRd.,Wetkyi inn Village
電話 061-60754


ペ-ジのTOPへ移動