ミャウー遺跡めぐり

ミャンマーの西海岸、ヤカイン州の州都シットウェーから車で4時間(ボ-トの場合、往路4時間、復路5時間半)独特の文化が栄えたアラカン王国の遺跡が残る「ミャウー」(Mrauk-U)をご案内致します。アラカン王国は、15世紀頃からミャウーを都として栄えてきたが、1785年にビルマ族のコウンバン朝に併合されてしまう。ミャウーでは海外との交流も盛んに行われていたらしい。日本との関わりもあり、当時日本で幕府から迫害を受けたキリシタン武士がアラカン王国(ミャウー)に渡って王国の護衛隊として活躍したとされている。

DSC06373

ミャウ-観光の玄関となるシットウェー空港

 DSC06442IMG_1509

車で移動する場合は、途中でマハムニ・パヤーに立ち寄ることが可能。マンダレーにある有名なマハムニ仏は本来はこの場所にあったもの。

 

DSC06551

ミャウ-からチン族の村へ行くことができる

チン族の村をご案内

 

ミャウー遺跡めぐり ミャウ-には現在8名の観光ガイドがいる。(英語ガイドのみ)

DSC09545 DSC06481

コウタウン・パヤー Koe Thaung Paya

1996年までジャングルに囲われていたため見ることができなかった。

DSC06617 DSC09708

DSC09709 DSC06642

DSC09732 DSC09707

回廊には9万体もの仏像が並ぶ

 

DSC06670 DSC06669

シッタウン寺院 Sittaung Temple

DSC06700 DSC06716

DSC09816 DSC09822

シッタウン とは 8万との意味で、8万体の仏像が置かれている。

 

DSC06469 DSC09852

ダッカンゼイン寺院 Htuk Kant Thein Temple

DSC09999 DSC06767

回廊に並ぶ仏像

 

DSC06733 DSC09953

レミャウーイナ寺院 Lemya Una Temple

 

DSC06651 DSC06654

ミャウーの王宮跡

 

DSC06836 DSC06838

DSC06847 DSC06897

DSC06755 DSC06867

 

DSC06463 DSC09523

シュエダジン・ホテル Shwe Thazin Hotel

 

DSC06657 DSC06667

ミャウ-の町並                 ミャウ-博物館

DSC06923 DSC06951

シットウェー行のボ-トの船内          ボ-トからののどかな景色

DSC06969 DSC06999

現地の人々でいっぱいになったボ-ト       シットウェーの船着き場

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です