ミャンマーの総人口は、5142万人

DSC031971

6000万人以上とされていたミャンマーの総人口は、実際は1千万人少ない 5142万人と判明

ミャンマ-政府は2014年3月~4月にかけて実施した国勢調査の暫定結果(ミャンマーの総人口)8月30日に発表した。2011年に6200万人程度と推計されていたミャンマーの総人口は、実際には1千万人も少ない5142万人(暫定結果)であった。ミャンマーでは1983年に行われた国勢調査(人口3500万人とさらる)以降は調査は行われておらず、毎年の人口増加率を推計して総人口を6000万人以上としていた。30年以上人口増加率を過大評価してきた結果、このような大きな誤差となった。最終の調査結果の発表は2015年5月に行われる予定。北部カチン州や西部ラカイン州などの民族対立が続く内戦地域の一部での調査はできなかったが、未調査地域の推定人口は約120万人として加算されている。タイやシンガポ-ルなどミャンマー国外に暮らす人達は今回の調査には含まれていない。ミャンマーは、これまで隣国タイに匹敵する6000万人以上の人口を持つ新興市場として2011年の民主化以降、外資企業の進出が相次いだが、今回の結果で事業の成長予測を下方修正する企業も出てくるであろう。

地域別では、ヤンゴン管区735万人、マンダレー管区614万人、ネーピドー115万人となっている。

DSC032981

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です